天井からの漏水を原因調査し、原因を発見した記事です。 調査方法には電気抵抗試験を使用し、同調査では第一人者のビルスコープ㈱により調査した実例です。

多数の大手マンション管理会社がビルスコープを積極活用してる理由。その秘密を紹介!

今年のゴールデンウィークは割りと勢いよく雨が降ってしまった日がありましたね。

この日はゴールデンウィーク明けに横浜から調査依頼があり、すぐに現場へ急行しました。

行く途中に降ってた場所もありましたが現場は降ってなくて大丈夫でした。

弊社の漏水調査の営業範囲は主に関東地方全域です。やっぱ...

シングル葺屋根が本当に雨漏りの原因なのかは、室内の漏水部とシングルの怪しい箇所で電気抵抗値を計測すれば瞬時に原因箇所がわかってしまいます。ビルスコープの電気抵抗による漏水調査は非破壊だし、大きな工事音もしません。

ビルスコープの調査目的は雨漏り漏水の原因を探し出すことです。ほとんどの調査は電気抵抗で探し出しますが、状況によっては散水することがあります。

しかし散水と言っても、ところ構わず高圧洗浄機で、どんどん水を撒くというわけではありません。散水する時は、基本的にピンポイントです。

散水で使用...

 弊社では漏水状況を把握するのに赤外線カメラを併用することがあります。

赤外線カメラを使用することで、目視では確認できない天井・壁・床・防水層等の温度変化を映像化して見ることができます。

左の写真は換気システムから雨水が吹き込んで部屋内へ漏水した現場の状況です。(左は通常の写真・右は...

 広範囲な外壁や防水シートでも幅広くスピーディーに漏水原因の検査をする調査道具を開発・製作しました。

センサー部分の毛には電気が流れるように施してあるので、短時間で幅広く床面や外壁を撫でることで電気抵抗値の変化する箇所を探し出すことができます。

センサーとなるブラシ部分は、独自設計で...

漏水調査方法で最も一般的で簡単なやり方に「散水・水張り」があります。わかりやすくて簡単なので、ある程度のことまでは一般の居住者でもできるので、自分で漏水調査をしたい方の為に、やり方を書きます。
 

<散水>
原因ではないかと思う場所にホースで水を撒くのが散水です。散水する時間は1ヶ...