染み跡は結露?雨漏り?

ふと気が付くと壁に水染み跡やカビが...。

さて、この原因は雨漏りなのか?それとも結露なのか?目視調査と経験で判断できることがありますが、微妙な時があります。

弊社では、この判断をするのに結露判定専用の機材を使用してます。



調査箇所の表面温度を赤外線サーモで計測し、瞬時に結露なのかどうかかが判ります。

測定箇所へレーザーが照射されるので、わかりやすくて正確な機材です。

の写真は弊社の研究開発用のセメント板を計測してるところです。



セメント板の赤色レーザー照射位置辺りの表面を計測してます。


下の写真は計測値です。画面に写っているのはセメント板の表面温度が23.4℃、露点温度19.8℃、空気中の湿度73.7%が表示されています。

この場合、セメント板が19.8℃以下になると結露することを示しています。

しかし23.4℃なので結露が発生しないことが示されています。



弊社では本機を使用した結露調査を実施してます。

結露調査の結果、もし雨漏り・漏水だということが判ってしまったら、その日のうちに電気抵抗で漏水調査を行い、改善する対策まで提示できます。

一度お問い合わせ下さい。



ビルスコープ株式会社

電話 049-293-4900

最新記事

すべて表示