ビルスコープの活動

弊社は建物の調査・コンサルタントの他に、会社の広告宣伝も兼ねてスポーツ活動をしてます。


2021年5月3日 静岡県のエコパスタジアムで行われた陸上の大会へ出場しました。



日本のグランプリシリーズになるので高いレベルの選手しか出場せず、たまに日本記録や世界記録に迫る記録も出る大きな大会です。

静岡国際陸上競技大会



スポーツ活動の主軸となって活躍してるのが弊社社員の小林です。



今大会には男子200mに出場。


少し前に行われた埼玉の記録会では100mで自己ベストに迫る記録をマークしているだけに期待が膨らみます。







コロナ禍であるので、観客はマナーを守り静かに応援できてました。


私も、結果次第では会社の広告宣伝効果を期待できるので、応援も含めて選手関係者として会場へ駆け付けました。






予選を組2位の20’86で勝ち上がり決勝へ進出しました。


その決勝のレーンが電光掲示板に発表されました。一番外側になる9レーン。

スタート時に前の選手は見えませんがコーナーカーブが緩いのは減速が少なく良いレーンです。





後半型が持ち味の小林はコーナーの出口ではトップ争い。

直線になってから世界ジュニア金メダリストの飯塚選手と、100m9秒台(9’98)が持ちタイムの小池選手の2人が前に出てきました。


一番手前が弊社の小林です。






予選で失敗気味だったトルソー(ゴール時に胸や肩を出す動作)は決勝ではゴールラインどんぴしゃで決まり、接戦の3位争いを制しました。

20’90(向い風0.5m)

応援してる私もまさか3位になるとは予想してなかっただけに良い結果にビックリでした。







報道陣もたくさん詰め掛けており、よい緊張感の中で素晴らしい結果が出ました。


この結果により「READY STEADY TOKYO 東京オリンピックテストイベント」大会への出場オファーがあり、PCR検査後に出場が決定しました。



「READY STEADY TOKYO 東京オリンピックテストイベント」

5月9日地上波TBS系列18:30から全国生中継となるので、お時間ある方はTVの前で応援の程よろしくお願いします。

弊社小林が出場する男子200m決勝は18:40スタートです!



最新記事

すべて表示